WEBサイトはユーザーの行動心理を読み解きながら制作する必要があります。使い勝手の良いサイトというのは、トップページから目的のページまですぐにたどり着けるものです。「3クリック以内」が基準となるでしょう。構成はサイトの種類にもよりますが、ブログ型のサイトであれば、トップページ、カテゴリー、各記事という階層で完結するように制作すると見易くなります。例えばユーザーがサイト運営者に質問したい場合、トップページに「Q&A」ページへのリンクが貼られていれば、ストレスを感じずにクリックできるでしょう。WEBサイトは運営中にも気を付けるべきことが沢山あります。その一つがランキングサイトへの登録、自動登録です。結論から言えば、これらはリスクを伴うため、避けた方が良いでしょう。お勧めするのは店舗検索サイト等への登録です。信頼のおける店舗検索サイトであれば、登録するだけでアクセス数が急増します。特定の業種を専門とした検索サイトであれば、より一層アクセスしてもらえる可能性が高まります。慣れてくれば、口コミサイト等を利用するのも選択肢でしょう。自社のホームページを開設して以降、中々アクセス数を稼げずに苦しんでいる担当者がいることでしょう。他にもコストに悩んでいる人、デザインの出来に満足していない人等は珍しくないはずです。彼らは事前の準備、勉強もないままに、業者に丸投げしてしまったのだと考えられます。業者の誘い文句を信用するだけでは上手くいくはずがありません。