CSSの装飾など

CSSにおいては、HTMLでマークアップしたサイトの構成要素に対し、デザインに関系している属性に値を設定して装飾を行うことになるでしょう。この時、属性を設定する対象のことを「セレクタ」と呼び、{属性:値;}といった書式で記述しましょう。CSSの記述というのは、ボディ内に埋め込んでいく方法もあるようですが、基本的には直接ヘッダ内で定義するか、用意した別の定義ファイルといったものをHTMLのヘッダ内で指定するという方法があると言えるでしょう。ホームページ作成などの場合は、ウェブサイト全体で同じ定義ファイルを使用することにより、ウェブページの全体的な統一感を演出することができると言えるでしょう。HTMLファイルではという構成要素がマークアップされ、CSSの定義ファイルは本文や構成要素に対し、文字のサイズや色、行間や背景画像、マージンなどの装飾設定が行われると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です